--- 京都アートカウンシル(KAC) ---
  アーティスト、経営者、会社員、主婦、学生など、ジャンル・世代・地域・人種を超えた多種多彩な人々が
  アートで京都を活性化する事を目指して繋がり、新しい「京都」を創造し、実践的な活動を展開する市民団体です。

第1期(1996.6〜1997.3〜1998.3)京都アートカウンシルの歩み&行事記録

1996年6月
◆ アートセンター設立を!提案冊子 アートフェアー準備委員会
1997年3月
◆ アートセンター設立を!提案冊子 アートカウンシル準備会
1997年3月30日
◆ 設立総会開催1997年(平成9年)3月30日 会場:石田大成ビル会員170名のうち58名出席 委任状71通  幹事に26名が立候補。第1期幹事・役員と部会一覧代  表:恩地 惇事務局長:清水 忠会  計:西川 勲幹  事:麻谷 宏、一澤宗弘、岡田孤一郎、奥野稔和、河田孝郎、貴志カスケ、桐原淳行、國松万琴、栗塚 旭、榊原吉郎、柴田 潤、田積司朗、長野義信、奈良平宣子、橋本繁美、畑岡正樹、星野高志郎、宮田恭伸、モリナヲ 、籔内 弘 、山下雄治、吉川恭生、寄神宗美部会■ 金曜サロン■ KACセミナー 「京都・都市の再生」■ 新宿梁山泊公演支援プロジェクト■ 立誠部会■ 高瀬川灯ろう流しプロジェクト■ ゴミアート展プロジェクト
1997年5月30日
◆ 会報第1号発行6月6日 第1回金曜サロン 以後毎週開催。6月25日 立誠部会 立誠小学校を中心にアートシーン、地域、文化の創造めざして成立。6月27日~29日 新宿梁山泊公演に支援。
1997年6月30日
◆ 会報第2号発行
1997年7月20日
◆ 第1期総会開催会員183名のうち50名出席 委任状99通  幹事に19名になる。
1997年7月30日
◆ 会報第3号発行灯ろう展開催8月16日~20日 ギャラリーマロニエ第23回高瀬川夏まつり灯ろう流し8月21日高瀬川にて開催
1997年8月30日
◆ 会報第4号発行(会員:185名)異空間 曲水の宴開催9月16日 京都リサーチパーク9月23日 高瀬川舟祭り開催
1997年9月30日
◆ 会報第5号発行(会員:187名)10月23日 KACセミナー第1回 京都都市の再生開催(全6回)ゴミアート展部会報告
1997年10月31日
◆ 会報第6号発行(会員:192名)京都アートカウンシルのロゴマーク決定八木保さんデザインkaclogo_color.jpg
1997年12月10日
◆ 会報第7号発行(会員:193名)ポン・テ・ザール問題出る。祇園ローソン景観を配慮してもらう。信楽 陶芸の森ツァー 1998年1月24日開催
1998年1月15日
◆ 会報第8号発行(会員:193名)祇園ローソン景観問題。
1998年2月16日
◆ 会報第9号発行(会員:198名)信楽 陶芸の森ツァー報告2月22日ポン・デ・ザール仮設橋実行風呂敷に建設へのメッセージを書いてぶら下げる。23日の京都新聞にふろしきと風船で橋を表現。毎日新聞には1日だけの仮設橋の記事。
1998年3月16日
◆ 会報第10号発行(会員:205名)
1998年4月5日
◆ 会報第11号発行(会員:206名)役員改選 幹事に23名が立候補1999年より役員任期を2年にする。選挙結果 投票総数206名中 有効投票数113名 投票率55.12% 14名新役員

ページの先頭へ